図書館映画データベース

| 初期画面 || 使い方 || トップ |
キーワード:  種類:  製作年代:  ジャンル:   
■ボーン・イエスタデイ(未) BORN YESTERDAY 恋愛
1950年米 ★ 監督:ジョージ・キューカー
出演:ジュディ・ホリデイ、ウィリアム・ホールデン、ブロデリック・クロフォード
ガーソン・ケニンの同名舞台劇の映画化。ヒロインの無教養の女性が議会図書館を訪れ、リンカーンのゲティスバーグ演説の手書き原稿の展示を眺める場面がある。その後、彼女は家庭教師役の男性に階上から声をかけ、国立公文書館へ誘う。
■私の20世紀 AS EN XX. SZAZADOM=MY 20TH CENTURY その他
1989年ハンガリー=西独 ★ 監督:イルディコー・エニェディ
出演:ドロタ・セグダ、オレグ・ヤンコフスキー、パウルス・マンカー
20世紀初頭のブダペスト。双子の姉妹のうち、純朴なリリは、図書館で目が合った謎の男Zに惹かれ、帰り道を共に歩き、動物園にデートへ出かける。
■フェイク・ガール 偽りの少女(未) THE WRONG DAUGHTER サスペンス・ミステリー
2018年米 ★ 監督:ベン・メイヤーソン
出演:シドニー・スウィーニー、シンディ・バズビー、エイプリル・ボウルビー
町の図書館で、主人公の統合失調症の少女がグループホームのルームメイトから盗んだパソコンを使い、ルームメイトの母親とメッセージのやりとりをする場面、書架上の本を使ってルームメイトを気絶させる場面がある。
■マロ―ボーン家の掟 MARROWBONE サスペンス・ミステリー
2017年スペイン=米 ★★ 監督:セルヒオ・G・サンチェス
出演:ジョージ・マッケイ、アニャ・テイラー=ジョイ、チャーリー・ヒートン
1960年代末の米・メイン州。登場人物の一人は、一家の四人兄弟の友人で、一家の屋敷近くの農場に暮らす図書館司書の女性(アニャ・テイラー=ジョイ)。一家の長男が町に買い出しに行った際、複合施設の一角にある図書館を訪れ、彼女とキスをする場面、彼女に好意を持つ弁護士がニューヨークの書店で購入した貴重書を図書館に寄贈したいと言って彼女にプレゼントする場面などがある。舞台は米国の田舎町だが、ロケ地はスペイン・アストゥリアス。
■WHERE'D YOU GO,BERNADETTE  その他
2019年米 − 監督: リチャード・リンクレイター
出演:ケイト・ブランシェット、ビリー・クラダップ、エマ・ネルソン
■エノーラ・ホームズの事件簿 ENOLA HOLMES サスペンス・ミステリー
2020年英 − 監督:ハリー・ブラッドビア
出演:ミリー・ボビー・ブラウン、サム・クラフリン、ヘンリー・カヴィル
国会議事堂の外観のロケ地は、キングス・カレッジ・ロンドンのモーガン図書館。
■セイフティ〜最高の兄弟 SAFETY ヒューマンドラマ
2020年米 − 監督:レジナルド・ハドリン
出演:ジェイ・リーヴス、サディアス・J・ミックソン、コリーヌ・フォックス
大学図書館のロケ地は、米サウス・カロライナ州のクレムソン大学ロバート・マルドロウ・クーパー図書館。
■SHIRLEY  その他
2020年米 − 監督:ジョセフィン・デッカー
出演:エリザベス・モス、マイケル・スタールバーグ、オデッサ・ヤング
■カラーズ・オブ・ラブ(未) COLORS OF LOVE 恋愛
2021年カナダ ★★ 監督:ブラッドリー・ウォルシュ
出演:チャド・マイケル・マーレイ、ジェシカ・ロウンズ、デニース・アンドレス
ヒロインは予算削減の憂き目からシアトルでのリサーチライブラリアンの職を突如失い、兄夫婦の住むモンタナ州フォレストリッジに身を寄せることになった本好きの女性(ジェシカ・ロウンズ)。職場で利用者のレファレンスに応じる場面や同僚の女性と会話する場面、フォレストリッジの図書館を訪れ、同業の女性司書(ダーリーン・クック)や知り合いの青年実業家と会話する場面、ある資料から町のホテルに関する歴史的事実を調査する場面がある。彼女のリサーチライブラリアンとしての自負や専門的な能力がストーリーにも、よく描かれている。
■FUNNY BUNNY  ヒューマンドラマ
2021年KDDI ★★ 監督:飯塚健
出演:中川大志、岡山天音、関めぐみ
2012年に上演された本作監督による同名舞台の映画化。2015年には小説版も刊行されている。図書館編の主要な舞台は閉館後の区立図書館(注:館内のポスターには「世田谷」の文字も見える)。小説家志望の主人公の大学生とその親友が、ウサギの着ぐるみを被って閉館間際の図書館に押 し入り、司書(関めぐみ)と利用者の男を拘束して「絶対に借りられない本」を探そうとする。二人は、司書らの反撃を受けるが、やがて主人公の口から事件の真相が明らかになる。図書館のロケ地は大崎市図書館。一部の書棚は撮影用に運び込まれたもので、撮影で映る区画の本の入れ替えは、美術スタッフと大崎市職員によって行われたという。図書館編に登場する司書は、襲撃にも動じない健気な女性で、ラジオ局編でも主要な役を演じている。

RoadShow Ver1.1 by Terra